売上をあげるためにやるべきことは、細かくわけるといくらでもあります。

なので、クライアントさんの中にも
「なにから手をつけていいのか分からない」
なんて方が多くいらっしゃいます。

やみくもに取り組んでも、結果がでないとモチベーションも下がりますし
下手をすれば、資金がショートする…なんてことにもなりますしね。

そこで、今日は簡単に売上をアップするための3つの柱をお伝えします。
売上アップに悩んだら、まずはこの順番どおりにすすめてください。

 

客単価アップ

まず、一番はじめに取り組むことは客単価アップです。

売上をアップするというと、
「よし、まずは新規客の獲得だ!」
と考える方も多いですが、これは間違いです。

もちろん新規の集客も大切ですが、
新規客の獲得には、時間もお金もかかってしまいます。

ですから、新規客獲得の予算を作る意味でも
まずは客単価アップからおこなってください。

なぜ客単価アップからおこなうのかというと、
理由は、最も簡単で成果がでやすいからです。
うまくいけば、今日から売上がアップするなんてことも可能です。

客単価アップの方法には、

・値上げ
・セット販売
・アップセル
・クロスセル
・松竹梅

など色々な方法がありますが、あなたにあった方法から取り組んでみてください。
なかでも、一番のおすすめは値上げです。
値上げはコストもかからず、すぐに取り組むことができますからね。

 

2.リピート対策

客単価アップの次に行うことは、リピート対策です。

リピートの対象となるお客さんというのは、
一度でも、あなたの商品やサービスを購入したことのある方です。

商品やサービスの良さを知っているので、
新規のお客さんに比べ、購入への障害が少ないということが
集客の前に取りくむ理由です。

既存のお客さんに対して、最適なアプローチをおこえば
来店回数や購入頻度が増え売上アップにつながります。

また、アプローチをする際に必要となるものが
お客さんの情報』です。

こちらからアプローチをするためには
お客さんの名前のほか、住所、メールアドレス、電話番号など
アプローチの方法によって、必要となる情報があります。

その情報を、初めての来店または購入時に必ず入手しておくことが重要です。

情報がなければ、次にアプローチすることすらできないので、
事前に、お客さんの情報を入手する仕組みを作っておきましょう。

お客さんの情報さえあれば、
誕生日、イベント、新商品発売、など年間で様々なアプローチが可能となり
リピート回数を増やすことができるようになります。

 

3.集客

最後に取り組むのが集客です。

ここまで、客単価アップ、リピート対策をうまくおこなっていれば
新規集客にかける予算もある程度は確保できているはずです。

さらに、リピートのお客さんから、
あなたの商品やサービスの良さ、他社との違いなどを聞くことができていれば
それをお客さんの声として発信し、まだ利用したことのないお客さんにも
信用してもらうためのツールとして利用することもできます。

あとは、あなたのビジネスのターゲットを明確にし、
ターゲットにあったメディアでメッセージを伝えていけば
新規集客も難しくありません。

 

まとめ

簡単に売上をアップするための3つの柱をお伝えしましたが、
イメージはつかめましたか?

客単価アップ→リピート対策→集客→客単価アップ→…

というサイクルをひとつひとつ確実に取り組めば、かならず売上は伸びます。

このひとつひとつの取り組みをしっかりと理解し、
今はどの対策に取り組んでいるのか?
どのようにおこなっていくのか?
を意識するだけでも効果は大きく変わってきます。

あなたのビジネスでも、
ぜひこの3つの柱に取り組んで売上アップにつなげてください!