売上アップに、リピート対策はかかせません。

あなたも「どんな内容ならお客さんがリピートしてくれるんだろう?
と頭を悩ませていることでしょう。

でも、そこばかり考えていて、肝心なことを忘れて言いませんか?

リピート対策をおこなうえで、最も重要なことは

お客さんの情報を得る

ということです。

そのお客さんの情報を得るために、いちばん効果的な方法が

アンケート』です。

アンケートの重要性

アンケートがなぜ効果的なのか?

その理由は、”あなたが欲しい情報”を入手することができる”からです。

ビジネスによって、お客さんから得たい情報はさまざまです。

しかし、アンケートなら、欲しい情報を項目として設定しておけば
入手することができますよね。

例えば、お客さんの住所・連絡先・誕生日など、基本的な情報の他にも
趣味や、休日の過ごし方、悩みなど、いくらでも項目を作ることができます。

ただ、ここで気を付けなければならないことがあります。

それは”お客さんは面倒なことを嫌がる”ということです。

いくら、あなたが欲しい情報であっても、あまりに項目が多いと、
お客さんは、アンケートに答えること自体を拒否してしまいます。

なので、アンケートでは、
あなたのビジネスにおいて必要な、最低限の項目にしぼる
ということを頭にいれておいてください。

アンケートを取るための3つのポイント

クライアントさんにも同じようにアンケートの重要性についてお話をすると

なかなか書いてもらえない
お願いしても、断られる

という声を聞きます。

確かに、アンケートは効果的で、簡単にお客さんの情報を入手することができます。

ですが、やり方を間違えてしまうと、まったく書いてもらえないなんてことになります。

そこで、どのようにアンケートを取ったらいいのかについて3つのポイントをお伝えします。

1.タイミング

まず、一つ目はタイミングです。

よく、飲食店などでテーブルに丸めてアンケートが置いてあるのを見かけますが
あなたは書いたことありますか?

ちなみに僕は書いたことがありません。

・お客さんのタイミングで書いてもらえるように
・声をかける手間を減らしたい
・断られたくない

なんてことを考えているのかも知れませんが、ほぼ意味がありません。

販促にせよ、アンケートにせよ、
お客さんが行動してくれることを待っていたらダメなんです!

実店舗では、声かけをおこなうことが大切です。

声かけをおこなうタイミングは、飲食店であれば、会計前の少しの待ち時間であったり
美容院なら初回来店時のカウンセリング時、整体院なら施術後などがオススメです。

同じ業種であっても、アンケートを取りやすいタイミングは違うので
あなたのビジネスに合わせてテストを繰り返し、いちばんのタイミングをみつけてください。

2.内容

アンケートで答えてもらう内容も重要です。

よくある間違いですが、例えば、

お店の雰囲気はいかがでしたか?
・とてもよかった
・よかった
・普通
・悪かった
・すごく悪かった

など、聞きたい項目を5段階などで丸をつけてもらうアンケート。

よく見かけますよね?

これも、お客さんの手間を省きたいというつもりなんでしょうが
これでは、なにが良くて、なにが悪かったのかという原因が分かりません。

原因が分からなければ、せっかくのアンケートも、
その後のリピートやビジネスにつながりません。

それに、嫌なことばかり書かれていたら、落ち込んでしまいますよね。

では、どんな内容がいいのか?

それは、「お店や商品のよかったところ、気に入ったところ」を書いてもらうことです!

そうすることで、お客さんもいいイメージを持ったままでいてくれますし
なによりあなたやスタッフのモチベーションがあがります。

僕の店でも「店員さんがやさしかった」、「かわいかった」
などと書いていただけるお客さんもいて、スタッフがとても喜んでいますよ。

もちろん、改善のための項目もひとつは用意しておいてください。

3.オファー

最後はオファーです。

マーケティングでいうオファーとは、特典のことです。

より多くのお客さんにアンケートを書いてもらうために
特典をつけるということです。

このオファーをつけることで、アンケートを書いてくれる確率が、かなりあがります。

ですが、オファーで注意してほしいことは、安易な割引をしないということです。

特に、その場の割引きだけのオファーではリピートにつながりません。

よく考えて、お客さんが欲しいものをオファーとして用意してください。

まとめ

アンケートを取るための3つのポイント、いかがでしたか?

1.タイミング
2.内容
3.オファー

この3つをしっかりおこなえば、かなりの確率でアンケートを取ることができます。

僕の店舗では、このやり方で声をかけた90%以上のお客さんから
アンケートをいただいています。

アンケートの入手数が増えれば、
それだけアプローチできるお客さんの数が多くなるということです。

ぜひ、3つのポイントに注意して、アンケートに取り組んでみてください。