売上アップや利益をあげるためには、単価アップが不可欠です。

その単価アップの中でも、もっとも効果が高いのが値上げです。

でも、多くのクライアントさんは、なかなか踏み切ることができません。

今回は同じように値上げに対して不安を感じているあなたのために、
とっておきの秘策をお伝えします。

それは『勇気と度胸』です。笑

値上げに対するする恐怖

そもそもなぜ、値上げに踏み切れないのでしょうか?

その理由はいろいろあると思いますが、中でも多いのが

「お客さんに怒られるんじゃないか」
「お客さんが少なくなってしまう」

というものです。

もちろん僕も値上げをする前は同じうように思っていました。

でも、やらなきゃ売上も上がらないし、ビジネスも継続できません。

そこで、いざ実践してみた感想は”なんてことなかった”でした。

「値段が上がった?」と聞かれたこともありません。

それにお客さんの数も多少は減りましたが、価格で選んでいたお客さんが減り
商品やサービスの良さを気に入ってくれる良いお客さんが増えました。

もちろん、ただ値上げするだけでなく、商品の伝え方を変えたりと工夫はしましたが、
結果的に売上がアップし、なぜもっと早く取り組まなかったのかと感じたくらいです。

だからこそ『勇気と度胸』が必要なんです。

 

とはいえ、どうしても値上げできないという場合もあると思います。

そんな時に使える、値上げと同じように効果がある単価アップ法をお伝えします。

松竹梅

松竹梅とは、

3つの選択肢があった場合、多くの人は真ん中のものを選ぶ

という人間の心理を使った法則です。

例えば、お寿司屋さんでのランチの場合を考えてみましょう。

・松セット 2500円
・竹セット 1800円
・梅セット 1500円

という価格設定だとします。

すると多くの方が「Bセット」を選ぶ傾向があるんです。

これは

安い商品より高い商品の方がおいしいだろう
安いものを頼んで失敗したくない

という心理がはたらいていると言われています。

あなたも、居酒屋さんなどで同じような選択をした経験はありませんか?

この、松竹梅で商品が選ばれる比率は「松=2:竹=5:梅=3」だと言われています。

もともと1800円だけでランチをやっていて、
一日のお客さんが10人だったとします。

すると一日の売上は

1800円×10人=18000円

ですよね。

これが、松竹梅を導入すると

2500円×2人+1800円×5人+1500円×3人=18500円

となります。

たった500円かと思うかもしれませんが、
一人当たりの単価が50円もあがったことになります。

こういった小さな積み重ねが、売上に大きな差を生むんです

勉強熱心なあなたなら気付いているかもしれませんが、
今回は1800円のランチを真ん中の竹に設定しました。

ですが、1800円のランチを梅に設定したら、どれだけ売上はアップするでしょうか?

もう想像はつきますよね。

まとめ

値上げが必要だとはわかっているけど、どうしても踏み切れない。

そんな時は、今回お伝えした松竹梅の方法を試してみてください。

値上げと同じように売上アップの効果が期待できます。

松竹梅に取りくんで結果がでると、「この価格でも買ってもらえる」という実感がわきます。

そうすると価格へのメンタルブロックがはずれ、値上げにも取り組みやすくなるでしょう。

ぜひ挑戦してみてください。

何度も言いますが、値上げに必要なのは『勇気と度胸』です!

 

ちなみに、値上げの際は、よほどの場合を除き、お客さんに告知する必要はないです。

告知してしまうと、逆に価格にクローズアップされてしまいますから。

あなたが思っている以上に、商品の価格って覚えていないものなんです。