あなたがビジネスを始めた理由はなんですか?

ろいろな夢や想いがあって始めていると思います

でも、あなたがいま思い浮かんだことの多くは、実は売上があがっても叶わないんです。

なぜなら、あなたがしたいことのすべては、利益があって初めて叶うものだからです。

今回は、売上よりも利益を重視する理由と考え方についてお伝えします。

売上が増えると起こる問題

最初に、単純に今のまま売上が2倍になったとしたら、
どんな問題が起こるかを考えてみます。

時間が足りなくなる
人が足りなくなる
嫌なお客が増える

など、実は多くの問題を抱えることになります。

でも、これで利益も2倍になれば問題はありません。

例を出して考えてみましょう。

現状が

売上:5000万
原価:40%
経費:2500万

の会社で考えてみます。

原価は5000万の40%なので、2000万となります。

するとこの場合、残る利益は

5000万-(2000万+2500万)=500万円

となります。

では、単純に売上が2倍になった時を考えてみます。

売上:1億
原価:40%(4000万)
経費:5000万

となり、計算上は利益も1000万となり2倍になるように思えます。

しかし、実際には人が足りなくなったり、クレーム処理に追われたり、
新たな設備を買う必要もあるかもしれません。

そう考えると、現実的に売上が2倍になっても、利益は2倍にはならないですよね。

売上よりも大切なこと

だからこそ、売上ではなく利益に注目するんです。

まず、大事なポイントは『経費をそのままで売上アップに取り組む』ことです。

そうすれば必然と利益はあがることは、わかりますよね。

具体的に見ていきましょう。

先ほどの例で売上が1.2倍の6000万になったとします。

すると

売上:6000万
原価:40%(2400万)
経費:2500万(そのまま)

となります。

この利益を計算すると、

6000万-(2400万+2500万)=1100万円

となり、なんと利益は2.2倍になるんです。

すごくないですか?

経費をそのままで、売上を1.2倍にするだけで利益は2倍以上になるんです。

すごく簡単だと思いませんか?

しかも、売上を1.2倍くらいにするだけなら、
経費をかけなくても出来てしまうんです。

その方法とは、
以前の記事「売上を2倍にする方程式」でもお伝えした方程式を使えばいいんです。

顧客数×購入単価×購入回数=売上

これをベースに売上を1.2倍にしようと思うと、

1.07×1.07×1.07=1.22

となり、それぞれを7%アップするだけで売上は1.2倍になるんです。

各7%のアップなら経費は、さほど変わらないので
結果、利益が2倍になるということなんです。

まとめ

今回、利益をあげる方法をお伝えしたのは、
あなたに幸せをもたらすのは、売上ではなく利益だということを
しっかりと認識していただきたいからです。

もちろん、売上をあげることは大切ですが、
肝心の利益が伴わなければ、あなたが描く理想には近づきません。

ぜひ、もう一度、売上アップの方程式を使って
あなたのビジネスでも、利益をあげることを重視してください。