「どうしてお客さんが来ないんだろう・・・」

僕も、お店をやり始めたときは同じように悩んでいました。

特に、店舗型ビジネスをされているオーナーさんにとって
集客は共通の悩みですよね。

でも、”集客に必要なたったひとつのポイント”さえ理解すれば
現状の問題点がみつかり、解決策を取ることができます。

その、集客に必要なたったひとつのポイントとは、

お客さんから『見つけてもらうこと』です。

見つけてもらうこととは

「どういうこと?」と思うかもしれませんが、ひとつづつお伝えしていきます。

まず、お客さんに見つけてもらうために
あなたのお店やビジネスでは、なにに取り組んでいますか?

・看板
・チラシ
・HP・・・

などいくつかの取り組みがあるかと思いますが、
本当にお客さんに見つけてもらえるものになっているでしょうか。

分かりやすいように、美容院を例に考えてみます。

まず、あなたが住んでいる地域の美容院がいくつあるか思い出してみてください。

「確かあそこもそうだったよなぁ」
「あの美容院って、まだあったかなぁ」

など、いくつかのお店は思い出せても、正確な数までは分からないはずです。

なぜ、思い出せるお店と、思い出せないお店があるのでしょう?

その違いは『お客さんに見つけてもらうこと』に
意識して取り組んでいるかどうかだけなんです。

つまり、見つけてもらうこととは、
お客さんに思い出してもらう取り組みを、意識的にできているかということです。

見つけてもらうために

では、お客さんに見つけてもらうために、何に注意したらいいのでしょう。

店舗の場合であれば、まずは看板が一番に思いつきますね。

ですが、店名だけの看板で、なにをやっているのか分からないお店が多いんです。

お店の名前を覚えてもらいたいのは分かりますが、
これはお店側の自己満足にしか過ぎません。

名前だけの看板では、何をしているお店なのかわからず、
お客さんに見つけてもらうことはできないんです。

お客さんも看板を見て、興味がわかなければ、
わざわざ、どんなお店なのかなんて確認しないですからね。

美容院の例の時も、思い出せたお店は、
自分が行っているお店か、外からよく目立つお店だったと思います。

このことからも”目立っているお店が思い出しやすい”ということは分かりますよね。

ですから、見つけてもらうために必要なことは、

飲食店なら、美味しそうな料理の写真や店内の写真
美容院ならば、カットモデルの写真

など、お客さんに、どんなお店かを認知してもらうことが大切なんです。

それ以外にも、照明の明るさや、のぼりなど、
見つけてもらうための工夫は、考えるといくらでもあります。

 

同じようにチラシやHPも工夫が必要です。

単に商品や、営業時間、料金、クーポンなどをのせているだけでは
たくさんの中から、お客さんに見つけてもらうことはできません。

もちろん、チラシでいえば大きさ、HPならSEOなどの上位表示の対策も必要です。

ですが、それよりもキャッチコピーやメッセージ、キーワードなど、
どうしたらお客さんに見つけてもらえるか”という工夫の方が大切なんです。

まとめ

いかがでしたか?

集客に必要なポイントは
お客さんに見つけてもらうこと』です。

このポイントを意識すれば、今のあなたに足りないものが見つかるはずです。

どうしたらお客さんに見つけてもらえるのかを、よく考えて活動することで、
自然とお客さんが集まってくるようになります。

考えてはみたけど、どうしたらいいか分からない場合は、
お客さんの気持ちになり、歩いて近くのお店を見てみたり、ネットで色々と検索してみてください。

きっと新しい発見があるはずです。

その時、あなたの目にとまったものを、同じように応用すればいいんです。

お店やビジネスは目立ったもの勝ちです!

どんどん目立って、お客さんに見つけてもらえるようになってください。